風俗キャリア (国家公務員)久喜

  • 投稿者 : もんめ
  • 2010年2月28日 11:55 AM

ハードロック・カフェ一号店と書いてある。久喜はピカデリーを挟んで反対側にグリーンパークがみえる。招きよせられるようにグリーンパークに入ると、最高の場所がみつかった。ここなら芝生の上でくつろぐことができる。ほかの人気な風俗の人たちも、毛布を敷いたり糧裸様のデッキチェアを置いたりして、終わろうとしている夏を精一杯満喫している。並昂唾は公衆の場所ではつい人目を気にしてしまうキンケイドも、肌にしみこむような日差しの気持ちよさには抗えなかった。まぶたが重くなってくる。キットがごろりと半回転して腹ばいになったとき、キンケイドははっと目を覚ました。久喜 風俗という名のキットがぽつりという。「テスを連れてくればよかった」周囲の犬たちを目で追うようなしぐさをする。飼い主に連れられて歩いたり走ったりしている犬もいれば、フリスビーを追いかけている犬や、日差しを浴びてただうれしそうに息を弾ませる犬もいる。「テスがいたらゲームセンターには入れなかったよ」キンケイドは体を軽く起こした。「うん。文句をいってるわけじゃないんだ。ここがすごく気持ちいいから、ちょっと思っただけ」キットはぴんと伸びた草を前歯で譲りながら、なにか考えこんでいる。「こうやってふたりきりでいるのもいいけど、人気の女とトピーもいたらいいのにって思ったりもするんだ。それに似てるかな」「だから禅の哲学者は、いまという一瞬催精神を集中させるべし、と説いてるんだ。でないと、ああだったらいいのにこうだったらいいのにって思ってるうちに、いまという一瞬を無駄にしてしまう」「そういうの、得意なの?ーそれ、いまなんていったつけ?」「いまという一瞬に精神を集中させることかい?いや、なかなかうまくいかない。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。